建設業許可及び一般貨物許可の申請書類等の書き方について解説しています。東京都などを中心に相談実績多数あり

運行管理者を選任する

一般貨物自動車運送事業の要件(運行管理者を選任する)

そもそも運行管理者とは?

運行管理者とは、日常の業務(運送・輸送)の管理又は安全の確保を行う責任者となる方のことをいいます。

自動車運送事業を始めるにあたっては、運行管理者資格者証を持っている人の中から、運行管理者を選任しなければなりません。 手続きとしては、一般貨物自動車運送事業の許可が下りたら運行管理者を選任して「運行管理者選任届出書」を提出します。

1.運行管理者が確保できているか?

運行管理者が必要な場合

原則、車両の台数が29台以下の場合は1名選任すればOKです。 30台以上の場合は30台ごとに運行管理者を1名追加しなければなりません。 ひとつの営業所に運行管理者が2人以上になったときは、「統括運行管理者」を選任する必要があります。 例外:霊きゅう.一般廃棄物等限定にて5台未満の車両計画の場合は運行管理資格者は不要です。

運行管理者とはどのような人がなれるのか?

運行管理者になるには以下の (1)資格要件(2)常勤性等の2つの要件を満たさなければなりません。
(1)資格要件
資格要件は主に2つありますが、1.の運行管理者試験を選択する方が一般的です。

  1. 運行管理者試験に合格した人
  2. 5年以上の実務経験があって且つその間に所定の講習を5回以上受講している

且つ
(2) 常勤性等 運行管理者は営業所に常勤していることが必要です。  

2. 運行管理者試験を受験するにはどうすればいいか?

  1. 自動車運送事業における運行管理に関し1年以上の実務経験があること
  2. 自動車事故対策機構の基礎講習を修了していること

※受験資格は主にこの2つになります。 基礎講習を受講される方が一般的です。 上記の要件が満たされれば社長や役員でもなることができます。 しかし運転手の方はなれません。

基礎講習とは自動車事故対策機構が運営する講習になります。 各都道府県で、年数回開催されています。講習期間は3日間で料金は8500円になります。

3.運行管理者試験とは?

試験は国家試験であり毎年8月と3月に行われます。 申し込み期間は5月と11月頃です。 平成25年8月の試験では合格率20%と以下と、例年と比較するとやや難しいな試験となっています。

まずはお気軽にお問い合わせください。 TEL 03-6458-2614 営業時間(日曜・祝日は休み)
平日 10:00~18:00 土曜(休みあり) 10:00~15:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 独立コンサル AJ行政書士事務所 All Rights Reserved.