建設業許可及び一般貨物許可の申請書類等の書き方について解説しています。東京都などを中心に相談実績多数あり

事業用自動車・車両数について

事業用自動車・車両数について

事業用自動車

  1. 事業用自動車の大きさ、構造等が輸送する貨物に適切なものであること。
  2. 使用権原を有することの裏付けがあること。

※輸送する貨物に適切なものとは、1ナンバー,4ナンバー,8ナンバーの自動車のことをいいます。 ※使用権原は自動車車検証、車両売買仮契約書、リース契約書等での証明が必要になります。

車両数

  1. 営業所毎に配置する事業用自動車の数は種別ごとに5両以上とすること。
  2. 計画する事業用自動車にけん引車、被けん引車を含む場合の最低車両台数の算定方法は、けん引車+被けん引車を1両と算定する。
  3. 霊きゅう運送、一般廃棄物運送、一般的に需要の少ないと認められる島しょ(他の地域と橋梁による連絡が不可能なもの。)の地域における事業については、(1)に拘束されないものであること。

※数ヵ月後に使用できなくなる車両は不可
※けん引車と被けん引車は2台で1両の扱いです。トラクターとトレーラはセット扱いになります。
※(3)は5両以下で構いません。その場合は運行管理者や整備管理者の選任も不要です。

まずはお気軽にお問い合わせください。 TEL 03-6458-2614 営業時間(日曜・祝日は休み)
平日 10:00~18:00 土曜(休みあり) 10:00~15:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 独立コンサル AJ行政書士事務所 All Rights Reserved.